不動産取得で税金の控除を受けたいなら住宅ローンをあえて組む

投稿日:

不動産を取得する時には、大きい買い物をするので、税金を多く支払う必要がでてきます。そこをうまく控除できるようにするには、住宅ローンを組むことです。資産があっても、ここはローンを組んでおくと、得する計算になります。

不動産には税金がかかってきます

不動産の取得には税金がついてくるのですが、控除したいというのであれば、ここは資金がいくらあっても住宅ローンは組むことが前提です。

一括で支払う事が出来る資金があってもここは、少額でもいいので住宅ローンは組んでおくと便利です。100万円でも分割で支払っていくシステムをとることで、たくさん支払う必要がなくなります。

新築の家になると、年末調整で所得にかかってくる税金の控除が有効になります。

建物の金額などによって、払いすぎた税金が帰ってくる金額は違ってきます。10年間はこの措置を取ってもらえるので、毎年の年末調整で申請します。

結構返ってくる金額は大きい!毎年の年末のお仕事になっています

この控除の対象の家は新築だけでなく、中古の家で、リフォームを行った家も対象になります。税金が帰ってくる割合が違ってくるのですが、それでもきちんと申請すると、お金は返ってきます。

ちょっと面倒な仕事ですが、一度申請すると、大体のやり方はわかってきます。毎年この利率が違ってくるので、控除の対象の年の間、ずっと同じ数字というわけにはいかないです。毎年役所に確認して、書類は提出すべきです。

この作業が少し面倒ではあるのですが、結構返ってくる金額は大きいです。それをまた違う支払いに充てることもできるので、忘れず提出すべきです。

家に新しく何かをした時には控除が発生

不動産をそのままにしておくのではなくて、リフォームや、建て替え、または新築での購入ということになると、国からの補助がでます。

それが税金を返してもらえるということです。少しの改装ではなくて、完全にリフォームになっていると、この対象になります。

マンションもこの対象になるので、新しくマンションを購入した場合も同様の手続きをとると、年末には払いすぎてるお金が返ってきます。高い買い物になるのできちんと申請はしておきます。これも10年間に期間限定になり、もう新築ではなくなってしまったら、控除の対象にはならないです。

まとめ

不動産は購入の時に、かなり高いお金を支払うことになり、消費税も多く支払います。それに対する措置が行われているので、この控除の申請は毎年行っておくことです。この時期にしか減税してもらえることはないです。

-税金

Copyright© 不動産査定王国!あなたの持っている大切な不動産査定UPのコツ教えます , 2017 All Rights Reserved.