不動産売却による税金の計算方法

投稿日:

不動産売却による税金の計算方法

不動産を売却する際に多くの人は売値に注目しがちですが、場合によって多額の税金が発生することについて知っている人はあまり多くありません。

そのため納税資金が不足したり、予定外の出費にならないように事前に計算しておく事が重要です。

どのようなときに税金が発生するのか

不動産を売ったからといっても、実はどのようなときにでも税金が発生するわけではありません。

まず挙げられるのが購入したときよりも安価な価格で売却した場合で、結果的に利益を得ていないため税金が発生しないのです。

この場合当時の売買契約書などから購入価格を計算することになりますが、先祖代々相続などによって継いだ土地の場合、売却価格の5%を購入価格として差し引きすることが可能です。

次に挙げられるのが特例を利用した場合で、自宅の売却や土地の収用などによって売却した場合、多額の控除を受けることができます。ただし証明書が必要な上、確定申告を行わなければ特例を利用することができません。

不動産売却の計算はどのようにして行うか

不動産を売却した際の利益を算出したら、次に重要となるのが税金の計算です。

一般的な所得税の計算は所得に応じた税率を乗じて税金の計算を行いますが、不動産などの譲渡所得の場合、所有していた年数によって税率が変わります。

5年以下の場合は所得税と住民税を合わせて39%、5年を超えて所有していた場合は20%が税率となります。

この所有していた年数は売却した年の1月1日を基準日として計算し、相続などによって継いだ場合はその人が購入した日をそのまま引き継ぐため、相続後すぐに売却したとしても、税率が20%となることがあります。

計算した税金はいつまでに納めるのか

このようにして算出した税金は、事業所得や給与所得といった総合課税によって計算した税金と合わせ、確定申告によって納税額を確定します。

その後現金納付の場合は3月15日までに納税を行い、口座引き落としの場合は4月20日前後に引き落としがされ、不動産売却の手続きは終わりとなります。

ただし注意したい点としてこの時点では所得税のみ納税を行い、住民税は売却した年の次の年の6月から住民税を納税することになります。そのため確定申告が終わったからといって無駄遣いせず、今後の住民税の納税に備えて利益を残しておく必要があります。

まとめ

このように不動産を売却したときの手続きは次の年に渡って行う必要があります。特に特例などを利用する場合は申告期限内に証明書などを添付し申告しなければならないため、余裕を持って申告を行うことをお勧めします。

-税金

Copyright© 不動産査定王国!あなたの持っている大切な不動産査定UPのコツ教えます , 2017 All Rights Reserved.