不動産一括査定業者一覧!頼むと本当に高く売れるのか?その実態に迫ります

不動産一括査定

今ある家を売り払って新しい場所に住み直したい、そんな思いを抱く方は結構いることでしょう。

そして売るのならば当然1円でも高く売りたいと思うのも人のサガです。少しでも高く売れれば、今よりもいい家に住めるかもしれませんし、生活も楽になります。

そんな思いを抱いてネットで検索をすると「家は一括査定サイトで色々な不動産会社に査定を頼もう!そうすれば高く買い取ってくれる会社を見つけられるぞ!」なんてことを書いているサイトがたくさん見つかります。

でも不動産の一括査定サイトってなんだか面倒くさそうだし、胡散臭くて頼む気にならない、そう考える人のために、一括サイトは本当に高く売ることができるのかどうかについて考えてみましょう。

不動産の一括査定サイトを利用するメリットとは

まず不動産の一括査定サイトを利用するメリットは何でしょうか。それは自分の不動産に対する多角的な評価が得られることです。

価格という価値基準は最も重視されるものでしょうけど、それ以外にもいろいろな不動産会社から

「この立地だからこの程度の値段がつく」

「今はこういう需要があるからこういう家ならば高く売れる」

「この付近の土地の売買価格は今上がってきている」

など様々な情報を聞くことができます。

不動産会社と行っても千差万別であり、テレビCMを打つような大手の会社や、鉄道系などの地盤がしっかりしている会社、その他にも地元で何年も営業しているような、担当するエリアは狭いけれども、顧客に関して大手よりも狭く深く知っている会社など様々なタイプの会社があるのです。

いろいろな会社にあってその査定額を聞くだけではなく、査定の基準を聞いていけば、自分が売りたいと思っている家の値段が、適当なものかどうかを判断できるようになるでしょう。

不動産には“相場”が厳然として存在し実際には「相場の2倍で売れた、ラッキー!」なんて宝くじに当たるようなことはまずありません。

しかし家の価値とその基準を知っていけば、損をせず適切かつタイミングよく売ることは十分可能になります。

ただまれにその「ラッキー」な売れ方をすることがあるのも事実です。

結局は需要と供給、そしてタイミングの問題です。

相場が5000万円なのに「この家を1億円で売る!」といっても普通はまず見向きもされません。しかし偶然事業を始める、その付近にすまなければいけない事情があるといった理由で「今すぐ手に入るなら1億円払ってもいい!」という人が現れないとも言えないのです。

自分の家は複数売るものではなく、一人にだけ売れればいいのですから、一期一会の相手を見つけられればそれでいいのです。

そういったラッキーな売先を見つける可能性を広げるために、いろいろな不動産会社の話を聞く、というのは十分にありでしょう。

不動産一括査定サイトのデメリット

一方で不動産一括サイトを使うことのデメリットもあるかもしれません。まずいろいろな不動産会社の話を聞くということは、それだけで時間も労力も掛かるものです。

家の適正な相場を知らない時は、適正な相場が5000万円なのに最初に来てくれた業者が「7000万円でも売れますよ!」といってしまったら、「もっと高く売れる業者がいるかもしれない」と思ってなかなか売る段階に進めないでしょう。

その意味でも値付けの根拠を聞くというのは、非常に大切なことなのです。

幸い今は昔と比べて不動産情報サイトで簡単に全国の不動産の情報が手に入るので、おおよその相場を知ることができるようになっています。

国税庁のサイトでは路線価も調べられますし、地価の推移を載せているサイトもあります。

査定を依頼する前に自分でもしっかりと相場観を持っておくようにしましょう。

そして人間ついつい高い値段を査定として持ってきてくれる業者に依頼をしたくなるものです。

Aという会社は6000万の価値があると言ってくれた、Bという会社は5000万だった。

たしかにAに任せれば高く売ってくれるのかもという気になってしまいます。

しかしここで重要なのは「不動産会社が直接自分の物件を買い取ってくれるわけではない」というところです。

不動産会社はあくまでも買主と売主を見つけて、その仲介をすることで利益を得ています。

仲介手数料の額は法律で上限が決められていますから、勝手に不動産会社が好きなだけ手数料を取るという商売はできません。

つまり不動産会社にとって仲介手数料をもらえる顧客を一人でも増やすことこそが、利益に直結していくのです。

相場からかけ離れた価格を提示し「うちなら高く売りますから」と言われて任せた後に「やっぱりあの値段では売れませんでした、1000万円値引きをしましょう。それが適正な値段ですから」と言ってくるような業者もいるわけです。

すでに他の会社は断ってしまったから、この会社に任せるしか無い。

でもなんか営業マンと反りが合わないし、本音を話しにくい、と思って十分なコミュニケーションも取れずに満足な価格で売ることができないときもあるのです。

またずっと売れないと不動産会社が「なかなか売れないので、うちの会社で買い取りますよ」という提案をしてくることもあります。

もちろん直ぐに現金がほしいときなど、それなりのメリットがあるのですが、不動産会社は善意で言っているのではなく、相場の7割ほどで買い取り、そこにリノベーションをすることで家の価値を上げて売っていくのです。

安く仕入れるための常套手段でもありますから、相場よりかけ離れた価格を提示してくるような不動産会社にも気をつけるようにしましょう。

不動産売却時には経費と税金を忘れずに

不動産売却は、なかなか思うように取引相手が見つかるものでもありませんから、実際に取引が決まった場合には即決をしてしまいがちです。

不動産業者も成約をしないと手数料が発生はしてきませんから、なるべく契約に持っていこうとする傾向はあります。

不動産の取引は売却して終わりではありません。売却後には税金も発生してきます。

具体的には、譲渡所得税と消費税になってきます。売りに出す価格に税金を考慮して上乗せしていないで成約に至った場合、売却後の確定申告時に支払うことが困難になる場合も多いです。

手数料もそうですが確実な利益を見込んだ取引の実施を行いましょう。

実際に不動産一括査定サイトに依頼をするとどうなる?

不動産一括査定サイトにはメリットもデメリットも有ることがお分かりいただけたと思います。

結局不動産一括査定サイトはあくまでも売るためのツールということでありそのツールを活かしていくかどうかは自分次第なのです。

ただ一括査定をすること事態を恐れて使用しないというのは大変位もったいない話です。ちゃんと使えば無料でこれほど便利なものもありません。

大体の手順に説明していきます。

不動産一括査定サイトに自宅の情報を登録

各サイトには自宅の住所などを記入する欄があります。

また家の広さや築年数なども記入するサイトがあります。そして連絡先となるメールアドレスや電話番号の記入も必要です。

電話での連絡は家族や友人、会社に知られると困るので避けたいという時には、メールのみでの連絡を希望するなどの条件を伝えましょう。

査定がメールや電話で届く

会社によって時間差はありますが、およそ10日もすれば自分の住んでいる場所を担当している不動産会社から査定が届くでしょう。

査定の内容は様々ですが、家の立地や築年数、広さ、造り、最寄り駅、土地の扱いやすさなど様々な条件によって異なるでしょう。

しかしメールでそういった細かな査定基準が書かれていることは非常に少ないです。

大抵の場合は「より正確な査定をさせていただきたいので、一度ご自宅にお伺いしてよろしいでしょうか」などの自宅訪問査定を持ちかけてくる内容が一緒に書かれています。

もし秘密に査定を進めたいので、それは困るという場合はそこで「結構です」といえばそれで終わりになるでしょうし、実際に見てもらったほうが、正確に査定してくれそうだし、自分としても知識を得られると思うのならば自宅訪問の依頼を出しましょう。

電話でも基本的には同じで、大まなか査定を伝えたあとに必ず訪問査定をしていいかと聞いてきます。断れば無茶な電話勧誘をしてくるという業者は少ないので、率直に要望を伝えましょう。

自宅訪問

不動産一括査定サイト等を利用して簡易査定を実施してもらった後は、実際に訪問しての査定に移ります。自宅訪問を依頼したら、不動産会社に人間がやってきて査定をすることになります。

相手の名刺はしっかりともらっておき、できれば宅建士などの有資格者かどうかは見ておきましょう。

家の向き、老朽具合、土地の利用しやすさ、設備などを細かくチェックしてくれます。

ここでようやく根拠を持って査定の内容を詳しく知ることができますし、不動産会社としても、実際目で確認しないと言えないこともたくさんあります。

本当に理想の値段で売りたいと思うのならば、最低でも3社程度は査定の基準を聞いておきましょう。

不動産を売るという経験を持つ人は、それほど多くないので最初はわからないことばかりかもしれません。

相手の言っていることが正しいかどうか3社ぐらいの話を聞かないとやはり分かってこないものです。

最終的にどの業者を選ぶかどうかは自分との相性で選んでも良いでしょう。

離しにくい、とっつきにくい営業よりも、自分の思っていることを組んでくれ、人間的に信頼できる営業の方が売った後の後悔も少ないです。

人間ですから、書面や写真で見た感覚での簡易査定金額より、実際に訪問して感じた内覧の査定価格のほうが下がってしまうことは十分にあります。

取引相手が決まり、内覧が決まったら、業者が訪ねてくるまでに、清掃やリフォームなどは施すように心がけましょう。

リフォームは予算によりますが、たとえば、外壁のような目立つ部分は、可能な限り修繕してから売りに出すほうが、高値での売却は可能となってきます。

もちろん、清掃も大切です。普通の買取と同じで見た目は綺麗にしてから売りに出すように心がけましょう。

評判の良い不動産一括査定サイトとは

ではどういった不動産一括査定サイトを選んでいけばよいのでしょうか。

やはりこのような時に一番当てになるのは口コミであり、長くその事業を続けられている会社になります。

今は評判の悪いサイトはすぐにネットでその悪評が拡散してしまいますから、評判を見て良いものが多いのは信頼できるサイトになります。

またサイトはあくまでで受付の窓口であり、実際に査定を行うのは不動産屋になります。

サイトの方でも押し売りのようにしつこい不動産屋は切っていきますし、査定が適当な不動産屋も消費者から一括査定サイトまで苦情が行けば、サイトの評判悪化にもつながります。

不動産屋、そして一括査定サイトの両方の評判が良く、長く事業を続けておいるサイトといいえばNTTデータグループの「HOME4U」です。

不動産の売却や購入を考ええた時に、全国規模で見積もりをもらうことができます。

運営元の基盤がしっかりしているので、コンプライアンス的にも信頼できるのも魅力です。オペレーターに直接問い合わせて、サービスの詳細を聞くこともできるので、納得して見積作業を依頼できるでしょう。

不動産一括査定まとめ

不動産売却は取引相手によって数百万円単位での差額が発生してくるのが普通です。

相手次第によって利益が出るかは変わってきますので、なるべく多くの業者に査定を依頼することを心がけましょう。短期間で複数業者への査定には一括査定が有効です。

しかし、高い買い物、売却だけに浸透できる会社かどうかは非常に重要です。同社ではこの事業を20年近く展開しているので、それだけ全国多くの消費者に信頼を得ているといえるでしょう。

外れな不動産屋を引きたくないことを第一に願うのなら、NTTデータグループのHOME4Uをまず検討してみましょう。

カテゴリ一覧

マンションと一戸建ての場合ではどのくらい査定額が違う?

マンションと一戸建ての場合ではどのくらい査定額が違う?

2016/12/25   -不動産査定

  マンションを購入するか、一戸建てを購入するかで迷う方も多いでしょう。それぞれにメリットとデメリットもありますが、最終的には好みで判断する、という場合がよく見られます。 しかし、もし将来住 ...

売却する前に査定を!不動産査定を依頼する際のポイント

売却する前に査定を!不動産査定を依頼する際のポイント

2016/12/25   -不動産査定

家の売却を考えた時に、少しでも高く売りたい!できるだけ早く売りたい!などそれぞれの方にとっての希望があるでしょう。その希望通りに売却をするには事前準備として不動産業者に査定をしてもらい、適切な価格を知 ...

その査定額本当に大丈夫ですか?不動産査定と販売価格の違いに注意

その査定額本当に大丈夫ですか?不動産査定と販売価格の違いに注意

2016/12/25   -不動産査定

不動産会社に査定をしてもらってから実際に売却に入る、これは自然な流れです。しかし、不動産会社が出した査定額そのまま不動産を売却できるケースというのは以外と少なかったりします。特に売却に時間がかかってし ...

絶対後悔しない不動産売却の方法と売り方

絶対後悔しない不動産売却の方法と売り方

2016/12/25   -不動産査定

  不動産を売却するときには、近隣の親しみ易い業者や大手有名業者に依頼することが多いです。間違いではありません。しかし、より良い売却の流れとして、まず不動産査定を行い、査定の理由を確認するこ ...

簡単に見てもらう場合でも不動産査定ってどのくらい時間がかかる?

簡単に見てもらう場合でも不動産査定ってどのくらい時間がかかる?

2016/12/25   -不動産査定

自分が所有している不動産を売却したいと考えると、査定をしてもらわなくてはなりません。その際に覚えておいた方が良いのは査定にかかる時間になります。 どれくらいかかるのかを覚えておくと、より行動をしやすく ...

Copyright© 不動産査定王国!あなたの持っている大切な不動産査定UPのコツ教えます , 2017 All Rights Reserved.